おすすめ転職サイト・エージェント

【転職サイトおすすめ】転職6回経験者おすすめ転職サイトと転職エージェント【比較】

2020年7月4日

【転職サイトおすすめ】転職6回経験者おすすめ転職サイトと転職エージェント【比較】】

【転職サイトおすすめ】転職6回経験者おすすめ転職サイトと転職エージェント【比較】

 

kaiwa
転職活動をするのに何から始めていけばいいの?

とりあえず転職サイトに登録しようと思うのだけど、いっぱいあり過ぎて何に登録していいかよく分からない。

転職で失敗したくないし不安だな。

分かります。私も初めて転職するとき、何からはじめてよいか分からずとても不安でした。
kaiwa
sky

 
今回このような疑問にお答えします。

 

この記事を読めば、これまで私が6回の転職で分かった本当に役に立つおすすめの転職サイト・転職エージェントと、転職で失敗しないための転職ノウハウが分かります。

 

本記事を書いている人

skyプロフィール

sky

私はこれまで

派遣社員(120万)
プログラマー(280万)
システムエンジニア(450万)
外資系ITコンサルタント(1200万)
国際線・国内線パイロット(1400万)

と転職し、転職6回で現在7社目です。

転職サイトと転職エージェントを最大限に活用し、正社員として30歳で年収1200万円まで給料を上げることができました。

 

その経験から少しでも転職に際してお役に立てる情報をご紹介していきます。
 

本記事を読んでわかること

 

【結論】おすすめの転職サイトと転職エージェント【比較】

【結論】おすすめの転職サイトと転職エージェント【比較】

【結論】おすすめの転職サイトと転職エージェント【比較】

これまで20社以上の転職サイトと転職エージェントを利用してきましたが、私がご紹介するおすすめは単に使って良かったではなく「情報の質、提案力、サポート力」を基準に選定しています。
 

なぜ「情報の質、提案力、サポート力」が重要なのか、その理由はこの後の「転職で失敗しないための転職術・転職ノウハウ」読んでいただくと納得すると思います。
 

本当におすすめの転職エージェント

【20代~30代におすすめ】

・マイナビエージェント

【現在年収500万円以上で600万円以上を目指したい方におすすめ】

・JACリクルートメント

【年齢・年収にかかわらず、すべての人におすすめの転職エージェント】

・パソナキャリア

・リクルートエージェント

・doda

 

本当におすすめの転職サイト

【現在年収500万円以上の方で600万円以上を目指す方におすすめ】

・ビズリーチ

 

【すべての方におすすめ】

・リクナビNEXT

 

上記の転職サイトと転職エージェントの強み・弱み・特徴などの詳細は記事の中盤以降で解説しています。
 

次に転職で失敗しないための転職ノウハウを解説します。これを読めば転職に失敗することなくスムーズに自分の希望の転職を成功させることができます。
 

ノウハウはいいから、すぐに「おすすめの転職サイト情報の詳細が早く知りたい」という方は「本当におすすめの転職エージェント」から飛べます
kaiwa
sky

転職で失敗しないための転職術・転職ノウハウ

転職で失敗しないための転職術・転職ノウハウ

転職で失敗しないための転職術・転職ノウハウ

転職をすることで、あなたは今の現状から、より良い仕事環境に変えることができます。
 

正しい方法で転職活動をすれば満足のいく転職を成功させることができます。

 
ではなぜ転職に失敗するのでしょうか。
 

はじめに転職に失敗する理由を解説していきます。

 

転職に失敗する理由

 

転職に失敗する理由は大きく3つです。

  1. 「今の現状を改善する優先順位が不明確」
  2. 「今の現状を改善する要件を満たす企業を見つけられない」
  3. 「自分の市場価値を知らない」

 

それぞれ解説していきます。
 

ケース1

自分の今の現状の不満や解決したいことが不明確で優先順位が定まらないまま、なんとなく次の会社に転職して、自分のやりたかった仕事となんか違うとモヤモヤして後悔するケース。

→自己分析不足・優先順位が不明確

 

ケース2

今の会社は残業が多いので残業が少ない会社への転職を考えていたが、転職先の求人情報の高い年収に惹かれて転職したところ、季節による繁忙期がある会社で結局激務で後悔するケース。

→企業分析・情報不足

 

ケース3

大手企業に勤めていたが、業績不振に伴い希望退職の提示があった。大手企業なので転職しても高い年収で雇ってもらえると考え、通常より多くの退職金を受け取れることから希望退職制度で退職した。しかし自分が考えていた年収ではなかなか採用されず、大幅年収ダウンで転職するしかなかったケース。

→自分の外から見た市場価値を把握していなかった

 

 

入社したら「ブラックだった、こんなはずじゃなかった」というのは何故おきるのでしょうか。

 

理由は、圧倒的に情報不足で転職しているからです。
 

例えば賃貸物件探しで大量の物件を見て「自分の希望をきめず」「家賃と間取り」を知らないまま契約して入居したら「家賃高い・せまい」こんなはずじゃなかったというのと同じです。
 

それでは、どのようにすれば転職に成功することができるのか解説していきます。

 

転職を成功させるには2つのことを成し遂げること

結論

転職を成功させるめにはシンプルに次の2つのことを成し遂げることです。
 

  1. あなたの今の職場での悩みや不安を解決し、希望を満たす会社を見つける
  2. その会社の採用試験に合格し内定を獲得する

 

1.はじめに、あなたの今の職場での悩みや不安に思っていることを解決できる会社、または今のキャリアをさらにステップアップしていける会社を見つけることです。

 

2.そしてあなたのスキルや経験、すなわち「あなたの市場価値」がその求人の要件を満たし採用試験の基準をクリアすれば合格できます。

 

この「希望の会社を見つけて、採用試験に合格する」を成し遂げるためにすべきことが4つあります。

 

この4つについてそれぞれ解説していきます。
kaiwa
sky

 

転職を成功させるためにすべきこと4つ

転職を成功させるには、次の4つのことを行う必要があります。
 

  1. 転職する理由から自分の「転職の軸」を決める
  2. スキルと経験の棚卸から自分の「市場価値」を算出する
  3. 「転職の軸」と「市場価値」から最適な求人に応募する
  4. 求人企業ごとに対応した面接対策を行い採用試験に臨む

 

これらがぼんやりしていると、転職に失敗することになります。
 

では、これら4つのことを具体的にどのように行っていくのか、それぞれ解説していきます。

 

1 転職する理由から自分の「転職の軸」を決める

転職で求人を探すのは例えるならば不動産を探すことに似ています。

例えば賃貸物件を探す際は、

引っ越す理由「結婚し、子供が生まれ家族が増えたことで広めの部屋が必要になったから」

条件「家賃10万円以内、広さは2LDK以上、2階以上、バストイレ別、駅から徒歩10分以内」

など優先順位をつけます。

もし条件にあう物件が見つからない場合は駅から少し遠くなっても、家賃と2LDKの広さは絶対にゆずれない条件として再度探すことができます。

 

転職も同じように、転職の理由や、優先順位・ゆずれない条件を明確にしないと、いくら大量の求人の情報を得たとしても迷子になってしまいますので、転職の軸はとても大切です。

 

それでは転職の軸を定めていきましょう。まずあなたの転職理由を明確にしていきます。

 

なぜ今あなたは転職しようと考えているのか、そのモヤモヤを明確にすることから始めます。
kaiwa
sky

 
下記はdodaが発表した2019年の転職理由ランキングです。

転職理由ランキング

出典:doda 2019年 転職理由ランキング


 

その他、「上司や同僚との人間関係」や「不況のあおりで、業界や会社の将来性が不安」などがあげられます。
 

次にあなたの転職理由から「転職の軸」を決めていきます。

考える項目例は以下の通りです。

① 年収

② 仕事内容(得意な仕事、やりたい仕事、今後キャリアップにつながる経験を積めるか)

③ 教育・スキルアップ環境(社内研修、社外研修、海外研修などが充実しているか)

④ 業界・会社の将来性(不況に強いか、今後伸びていく業界・会社か)

⑤ 社風・人間関係

⑥ ワークライフバランス(労働時間、残業時間、有給はとりやすいか)

⑦ 通勤(勤務地、通勤時間、テレワークの可否、転勤があるのかどうか)

⑧ 福利厚生(社宅、保養所、旅行・ホテル・社員割引など)

 

それぞれ現状を数値化し、満足度を自己採点して点数化していきます。

 

そして転職することで、現状の不安や悩みをどう解決・改善していきたいか、転職で優先すべき項目と優先順位を決めていきます。

 

優先順位 項目 現状→転職後

例として

順位 項目   現状→転職後

1位 仕事内容 企画(60点)→営業(80点)

2位 業界   旅行業界(50点)→IT業界(80点)

・・・

6位 年収   450万円(70点)→450万円(現状維持)

など、具体的に軸を決めていきます。

これに見合う求人が見つからなかったら、たとえば多少年収が下がったとしても、やりたい仕事・業界で今後のキャリアアップにつなげたいと思えば満足のいく転職になります。

 

すべて100点満点の転職というのはありえません。

これだけはゆずれない条件と、これは捨ててもいいという条件を明確にします。
 

これが、あなたの「転職の軸」となり、求人情報で会社を選ぶ際の軸となります。

 

2 スキルと経験の棚卸から自分の「市場価値」を算出する

これまで、あなたが働いて得てきた「スキル」や「経験」を具体的に明確化していきます。

例えば、経理であれば

「単体決算業務(月次決算 2年/ 年次決算 2年)」

・決算整理仕訳(見越し処理、繰延処理、減価償却計上)
・決算報告書作成

「販売管理業務(約1年)」

・売掛金管理

・請求書作成

「資格」
・簿記1級 (2016年 2月)

・TOEIC 800点 (2019年 5月)

上記はあくまで例ですが、これらの項目をさらに細かく具体的にすべて洗いだしていきます。

 

あなたの知識と経験とスキルを社外から見た際の価値が「市場価値」となります。

 

市場価値が分かれば応募要件を満たせるかを判断できますし、あなたの年収を測ることができます。

 

市場価値を知るには求人をみるだけで測ることはむつかしく、非常に多くの求人データや給与情報が必要となりますが、転職エージェントを活用することでより正確に知ることができるようになります。

 

3「転職の軸」と「市場価値」から最適な求人に応募する

「転職の軸」と「市場価値」が分かれば、あなたの優先順位と能力にマッチした求人を探すことができます。

 

大量の求人から自分に適した求人かどうか、一つ一つ見ていくのは大変な労力です。

 

こちらも転職エージェントを活用することで「転職の軸」と「市場価値」にマッチした求人を効率的に見つけることができます。
kaiwa
sky

 

4 求人企業ごとに対応した面接対策を行い採用試験に臨む

あなたの希望の条件を満たし、あなたの能力に適した求人が見つかったら、その会社に応募し採用試験に合格すれば内定となります。

 

ただ漠然と企業情報を見て面接を受けるよりも、しっかりと対策を行うことで採用試験の合格率が格段にあがります。

 

求人の会社に対応した面接対策を行うことです。

 

面接でみられるポイントは大まかに3つあると考えます。

  • 経験やスキルが応募要件を満たしているか
  • その経験やスキルを転職後も発揮していけるか
  • あなたの人物像が社風や文化に合うか

 

あなたが自分の市場価値を知っていれば、面接試験では、経験やスキルがその会社の応募要件を満たし、転職後も発揮できることを証明できます。

 

また面接では経験やスキル以外にも、あなたの人物像や会社の社風や文化に会うかどうかも見られます。

  • A社:スキルが高く、一人で仕事を切り開いていくバリバリのハイスペック人材を好む会社
  • B社:チームワークを大切にし、皆で協力して仕事をすすめていける協調性を大切に考える会社

 

あなたがその会社の社風や文化になじめて、あなたと一緒に働きたいと思えば合格となります。

 

その会社がどういう人物像を求めているかは求人情報で知り得ることはむつかしいですが、これも転職エージェントを活用することで可能となります。
kaiwa
sky

 

次に転職サイト・転職エージェントを活用していく前に、それぞれの違いについて解説していきます。

 

 

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイト

利用者は転職サイトに登録することによって、転職サイトに掲載された求人情報を自分で検索し、応募したい企業が見つかったら、その企業に「直接応募」で応募します。

 

またレジュメを登録すると企業側からスカウトという形でオファーをもらえるサイトもあります。

 

登録から求人情報の検索などの利用もすべて無料です。

 

転職エージェント

利用者は転職エージェントに登録すると、キャリアアドバイザーという担当者がつきます。

 

キャリアアドバイザーと面談することで以下のサービスをすべて無料でサポートを受けることができます。
 

  • 履歴書・職務経歴書などの書類作成・添削サポート
  • あなたの経験やスキルから市場価値の評価
  • あなたの希望や、経験・スキルにマッチした求人の紹介
  • 面接対策
  • 年収交渉
  • 応募~内定までのスケジュール調整

 

登録から内定後のサポートまで、これらのサービスをすべて無料で利用することができます。

 

転職エージェントを利用することの利点は他にもあります。
 

  • 転職サイトや企業のホームページの公募に掲載されていない「非公開求人」に応募できる。
  • 直接応募だと学歴フィルターや会社名フィルターなどで書類がとおりにくい場合でも、転職エージェント経由であれば推薦してくれるので書類通過しやすい。
  • 場合によっては、いきなり2次試験(面接)から選考開始できるケースもあります。(この場合は転職エージェントを利用することでシード権を得たようなものです。)

 

私もシード権を得て、管理職面接→役員面接と選考し、すぐに第一志望から内定をいただけた経験があります。
kaiwa
sky

 
企業側にとっても、転職エージェントの「お墨付き」(推薦)がある求職者に対しては書類選考や1次選考などを省くことができ、採用を効率化できるメリットがあります。

 

転職エージェントを使った転職の流れ

転職エージェントを利用した転職活動の全体的な流れは下記のようになります。

 

転職エージェントを使った転職の流れ

 
転職エージェントの使い方:登録から面談、求人紹介、面接対策、採用試験、内定までの流れをパソナキャリアの例に分かりやすく動画で解説しています。

出典: パソナキャリア impression-tracker  転職成功までのステップ

 

転職エージェントの使い方:おすすめの効果的な活用術

転職エージェントを使って

  1. 年収交渉
  2. 転職エージェントが持つ有益な情報の活用
  3. 「転職の軸」を定め、自分の意志で企業を選択する

これら3つのことを効果的に活用していきます。

1.年収交渉

年収は転職においてとても重要な項目でありながら、面接時は採用可否の判断の場でもあるので、年収のことについてなかなか切り出せないことがあります。

 
こういうときは転職エージェントに年収交渉をお願いしましょう。

 
転職エージェントはあなたが採用された場合は年収の約30%前後を紹介手数料として企業側からいただくことになっているので(あなたは無料)、できるだけ高い年収で採用されるよう積極的に交渉してくれます。

2.転職エージェントが持つ有益な情報の活用

最初に解説した「転職を成功させるためにすべき4つのこと」
 

  1. 転職する理由から自分の「転職の軸」を決める
  2. スキルと経験の棚卸から自分の「市場価値」を算出する
  3. 「転職の軸」と「市場価値」から最適な求人に応募する
  4. 求人企業ごとに対応した面接対策を行い採用試験に臨む

 
このうち、2~4ついては転職エージェントの膨大な求人情報・応募要件・給与情報・企業データベースから得られる情報が必要なので、積極的に転職エージェントを活用して有益な情報を得ることができます。

 

1~4の中で、あなた自身でできること「転職の軸」を決めることと「スキル・経験の棚卸」です。
 

「スキル・経験の棚卸」については転職エージェントのサポートを受けながらすることができます。
 

3.「転職の軸」を定め、自分の意志で企業を選択する

最も大切なことは「転職の軸」を明確にし、これだけはゆずれない条件をしっかりと転職エージェントの担当者に伝えることです。

 
これによってあなたの優先順位にマッチした求人を紹介してもらえます。

 
軸がブレブレだと、紹介される求人もモヤっとしたものになります。

 
転職エージェントにもノルマがあるので、とりあえず内定がとれそうな企業を紹介してくるケースがあるかもしれません。

 
あなたの転職の軸から外れた気のすすまない求人を紹介されたら、「とりあえず受けてみよう」ではなく、キッパリと断ってください。

 
時間と労力の無駄です。

 
自分の意志で企業を選んでください。

 

転職エージェントに使われるのではなく、うまく使うことで、最大の効果を得ることができます。
kaiwa
sky

 
あなたの転職、あなたの人生です。
 

転職することで、あなたの現状の不満や悩みを解決し、幸せな人生をつかむことができます。
 

転職すること自体に不安があることは、私が6回も転職を経験してきたのでとても分かります。
kaiwa
sky

でも大丈夫です。これまで解説してきた転職ノウハウと、下記にご紹介する質の高い転職エージェントを活用することで転職を格段に優位に進めることができます。
 

転職サイトと転職エージェントをうまく活用して、満足のいく転職を成功させてください。

 

本当におすすめの転職エージェント

本当におすすめの転職エージェント

本当におすすめの転職エージェント

おすすめの基準は、私が単に使ってよかったではなく、「情報の質・提案力・サポート力」をもとに選びました。

 

なぜなら、「自分の希望と市場価値にマッチした求人に応募し、採用試験に合格する」には転職エージェントの情報の質・提案力・サポート力が優れている程、転職で有利になるからです。

 

単に求人数が多くても情報の質が伴わなければ、「家賃と間取が分からない大量の物件情報」と同じです。

 

多くの転職エージェントの中でも、「情報の質・提案力・サポート力」に最も優れたおすすめの転職エージェントを2つご紹介します。
 

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント

対象:20代~30代(就業経験が有る方)

強み

マイナビエージェント impression-tracker は新卒採用のサービスでも人気のマイナビが運営する転職エージェントで、特に20代から30代の若い世代の転職に最も強いです。

 

はじめての転職で何から始めてよいか分からないといった方でも、履歴書・職務経歴書の添削から求人の提案、模擬面接、内定後の現職の退職アドバイスなど手厚いサポートが魅力です。

 

各企業の人事部とのパイプも強力で、「どういう人物像を求めているか」といった求人情報にはない情報を得ることができます。

弱み

若い世代の転職は得意領域ですが、40代以上の転職には弱いので、40代以上の方は他の転職エージェントを利用することをおすすめします。

 

20代~30代の方は、手厚いサポート力と提案力で20~30代の転職に強い マイナビエージェント impression-tracker をおすすめします。
 

マイナビエージェントは総合転職エージェントのサービスですが、職種・業界に特化した専門エージェントを備えています。
 

下記の業界・職種の方は、総合転職エージェントサービスよりも、それぞれの職種・業界により詳しい専門の特化型のサービスの利用をおすすめします。

 
上記の職種・業界以外の方向けの総合転職サービスは マイナビエージェント impression-tracker になります。

\ 3分で簡単登録 /

無料登録はこちら(公式サイト)

登録から内定後のサポートまですべて無料

impression-tracker

 

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメント

対象:20代後半~50代(現在年収500万円以上の方)

強み

提供される求人はすべて年収600万円~2000万円のハイクラスで、求人の質はトップクラスです。

 
他の転職エージェントは通常一人の担当がついて、一人の担当者がいろいろな求人の案件を紹介してくれるのですが、JACリクルートメントの場合は代表の担当者の他に、案件毎に担当者が別につきます

 
そのため求人毎の情報にとても詳しく、その会社の社内・部内の雰囲気や上司の傾向、どういう人が採用されるか・されないかのデータなど、他の転職エージェントにはない詳細な質の高い情報を得ることができます。

 

他の転職エージェントでは一人の担当者の質のに左右され、アタリ・ハズレがありますが、JACリクルートメントは業界別・案件別に専門性の高い担当者が複数人つくので、担当者のアタリ・ハズレがとても少ないです。

 

情報の質・提案力・サポート力ともにトップクラスです。

弱み

年収600万円以上の良質な求人に絞っているので求人数は大手に比較すると少ないです。

 

年収500万円未満の方や20代前半の若手向けの求人はターゲット外なので、他の転職エージェントを利用することをおすすめします。

 
もしあなたが現在の年収が500万円以上で、JACリクルートメントを活用すれば大幅な年収アップも狙えます。

 
管理職経験や高い専門スキルをお持ちの方や年収500万円以上の方は、情報の質・提案力・サポート力がトップクラスで、ハイクラスの転職に強い JACリクルートメント impression-tracker がおすすめです。

 

\ 3分で簡単登録 /

無料登録はこちら(公式サイト)

登録から内定後のサポートまですべて無料

impression-tracker

 

すべての人におすすめの転職エージェント

すべての人におすすめの転職エージェント

すべての人におすすめの転職エージェント

ここでは、年齢や年収に制限がなく対象エリアが全国展開しているすべての方におすすめの転職エージェントをご紹介します。
 

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア

対象:20代~49歳程度

強み

リクルートエージェント・dodaに次ぐ、業界大手の求人数を誇り、幅広い求人を提供してくれます。

 

サポートが丁寧で、利用者の評判も高いです。

パソナキャリア自体が女性社員の比率が高く、女性向けの求人にも強く人気です。

 

求人の数は業界3位で多く、求人の質も高いと感じました。

 

弱み

求人数は大手のリクルートエージェントやdodaより少ないかなと感じました。

 

また幅広い業界・職種を扱うため、専門性の高い職種のアドバイスについては多少弱いところがありました。

 

求人数については他の大手転職エージェントを併用することでカバーできます。

 
何より親身になって丁寧にサポートしてくれるので、初めて転職する方や、女性の方にも パソナキャリア impression-tracker は特におすすめです。

 

\ 3分で簡単登録 /

無料登録はこちら(公式サイト)

登録から内定後のサポートまですべて無料

impression-tracker

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント:業界No1の求人数を誇る総合転職エージェントでIT系求人を多数保有

リクルートエージェント

対象:全年齢

 

強み

国内最大手の転職エージェントで求人数はNo1で最も多く保有しています。

 

全国に拠点を持ち、全業界・全業種を広くカバーしているので、転職を考えるすべての方におすすめです。

 

大手ゆえ、求人先企業への年収交渉などの交渉力に強みがあると思います。

弱み

求人数も多いため担当者も多く在籍していますが、そのため担当者の質にばらつきがあり、担当者のアタリ・ハズレはあります。

 

最大手で大量の求人数があり質の高い求人もありますが、求人数が多いことで質のよくない求人も存在するので、よく情報を確認してから応募しましょう。
 

担当者の質もばらつきがあるのでリクルートエージェント1社だけではなく、他の転職エージェントも併用することをおすすめします。
 

とはいえ、大手リクルートグループですので優秀な担当者は本当に素晴らしい対応をしてくれます。
 

メインとしてもサブとしても リクルートエージェント impression-tracker はすべての方におすすめです。

 

\ 3分で簡単登録 /

無料登録はこちら(公式サイト)

登録から内定後のサポートまですべて無料

impression-tracker

 

doda

doda

doda

対象:全年齢

強み

dodaはリクルートエージェントに次ぐ国内第2位の求人数を保有しています。

 

特徴としては転職サイトと転職エージェントの両方のサービスを一貫して利用できるのが他社にはない強みです。

 

自分で求人を探せるし、転職エージェントの支援を受けられるのは良いですね。

 

担当者のアタリ・ハズレが少なく情報の質・提案力・サポート力ともにバランスがとれています。

弱み

求人は大手企業以外にも中小企業の求人も多く幅広く探せるのですが、中には質のよくない求人もあるので、情報はよく精査する必要があります。

 

リクルートエージェントやパソナキャリア同様、専門性の高い求人については担当者の専門性が低い場合があるので、技術職や専門職については特化型の転職エージェントもあわせて利用することをおすすめします。

 
バランスのとれた担当者の質の高いサポートと業界第2位の求人数と保有する doda impression-tracker は地方を含め広く求人を見たい方にもおすすめです。

 

\ 3分で簡単登録 /

無料登録はこちら(公式サイト)

登録から内定後のサポートまですべて無料

impression-tracker

 

おすすめの転職サイト

おすすめの転職サイト

おすすめの転職サイト

転職サイトは直接応募またはスカウト形式で求人に応募します。
 

転職エージェントとあわせて転職サイトにも登録すると求人情報を広く集めることができます。

 

転職サイトではあなたに担当者はつかず、自分で求人を検索またはスカウトのオファーを受けて直接応募する形式のサービスとなります。

 

担当者のサポートはなく、求人に掲載されているもの以外の情報(給与データ、残業時間、社内の雰囲気)などは分からないので、気になった求人が見つかったら転職エージェントに伝えて詳細な情報を得ることをおすすめします。

 
転職エージェントと併用することで効果を発揮できますし、受け身ではなくあなた自身で希望の会社を見つけることができます。

 
たくさんの転職サイトがある中で最もおすすめの転職サイトを2つご紹介します。

 

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチ

年収600万円以上の転職を狙いたい方はビズリーチに登録することをおすすめします。

登録条件:現在年収500万円以上

強み

127000件以上のハイクラス(年収600万円以上)の良質な求人から検索できます。

企業やヘッドハンターがあなたの経歴やスキルをみて直接スカウトの連絡がきます。

弱み

スカウトを待つため、転職活動が長期間に及ぶこともあります。

 

ビズリーチの特徴として無料会員の他に有料会員が存在します。

 

求人に応募するには月2980円~4980円の有料会員になる必要がありますが、無料会員でも求人検索・閲覧はできるので十分使えます。

 
高年収の質の高い求人情報を得られるメリットだけでも ビズリーチ impression-tracker無料会員に登録しておくことをおすすめします。

 

\ 3分で簡単登録 /

無料登録はこちら(公式サイト)

登録から求人検索まで無料

impression-tracker

 

リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXT

対象:全年齢、全業種、全国

強み

あなたの自分のペースで転職活動をすすめることができます。

 

自分で探して気に入った求人に直接応募で応募することができます。

弱み

求人情報に掲載されていること以上の情報を得ることができません。

 

求人数としては非公開求人も含めた転職エージェントの方が多いです。

 

  • リクナビNEXT 求人数 41,972件(2020年6月時点)
  • リクルートエージェント 求人数 208,502件(2020年6月時点)

 

リクナビNEXT impression-tracker で気になる求人が見つかったら転職エージェントの担当者に伝えて詳細な情報を得るというサブ的な使い方がおすすめです。

 

年代別・女性向け・職種特化型のおすすめの転職サイトと転職エージェント

年代別・女性向け・職種特化型のおすすめの転職サイトと転職エージェント

年代別・女性向け・職種特化型のおすすめの転職サイトと転職エージェント

これまでは職種・年齢など総合的におすすめの転職サイトと転職エージェントをご紹介してきましたが、以下に年代別・女性向け・職種特化型に分類し、それぞれに特化したおすすめの転職サイト・エージェントをご紹介します。

 

第二新卒向け

第二新卒は在籍期間が短く、スキルや経験や実績で不利な場合があり、高学歴や有名企業でない場合は学歴フィルターにかかる可能性があります。
 

第二新卒に特化した転職エージェントでは書類で落とされることは無く確実に面接試験を受けられるエージェントがありますので、学歴や社名で心配することはありません。
 

私の第二新卒で転職した経験から、第二新卒の転職に強いおすすめの転職サイトと転職エージェントを下記の記事で詳しくご紹介しています。

【第二新卒におすすめ】第二新卒の転職経験で分かったおすすめの転職サイトと転職エージェント
 

 

20代向け

20代における転職は、社会人としてのマナーやある程度のビジネススキルを身に着け、若さとポテンシャルがある人材を採用したいという求人が多いです。
 

そうした20代を採用したいという求人を多く保有し、初めての転職でも手厚いサポートを行える20代の転職に強い転職エージェントを活用することで転職を有利にすすめることができます。
 

私が20代で3回転職した経験から20代の転職に強いおすすめの転職サイトと転職エージェントを下記の記事で詳しくご紹介しています。

 

【20代におすすめ】20代の転職に最も強いおすすめの転職サイトと転職エージェント
 

30代向け

30代での転職はこれまでのスキルや経験をもとに即戦力が求められます。

 
また自分のスキルと経験を武器にして大幅な年収アップを狙える年代でもあります。
 

30代では

年収が高く良質な求人を保有し、提案力とサポート力に優れた転職エージェント

高年収の質の高い求人を多く保有する転職サイト・スカウトサービス

求人数が多く、幅広い求人を扱う転職エージェント

というように組み合わせると、「求人の質」「数」「手厚いサポート」をすべてカバーして転職活動を行うことができます。
 

30代の転職に強いおすすめの転職サイトと転職エージェントを下記の記事で詳しくご紹介しています。
 
【30代におすすめ】30代の転職に最も強いおすすめの転職サイトと転職エージェント
 

女性向け

女性は結婚・出産・育休・職場復帰・育児などいろいろなライフイベントがあります。

 
私と妻は結婚・出産・育児を考え、妻の2回の転職を一緒に仕事探しをした経験があります。

 
妻は女性の転職に精通した転職エージェントを活用することで効率的に求人を見つけることができました。
 

また女性の気持ちに寄り添った丁寧なサポートのお陰で安心して転職活動を行うことができましたので、その経験から女性の転職におすすめの転職サイトと転職エージェントを下記の記事で詳しくご紹介しています。
 

【女性向け】妻の2回の転職で分かった女性におすすめの転職サイトと転職エージェント

 

IT系・エンジニア向け

IT・エンジニア職においては最新の技術動向やトレンド、IT業界に詳しく専門知識を持った特化型の転職エージェントの活用が必須です。

 
総合転職サービスを行う転職エージェントとあわせて、ITに特化した転職エージェントを活用することが転職を成功させる秘訣です。

 
私はプログラマー⇒システムエンジニア⇒外資系コンサルタントとIT業界で職種を変えることで30歳で年収1200万円に年収アップすることができました。

 

その経験からIT・エンジニアの転職に強いおすすめの転職サイトと転職エージェントを下記の記事でご紹介しています。
 

経験者向け:【IT系】転職6回経験者おすすめのITエンジニア転職サイトと転職エージェント
 

未経験者向け:【未経験からのIT転職】実際に未経験でエンジニアに転職して分かった失敗しない方法
 

職種・業界特化型の転職エージェント

一部、再掲になりますが、職種・業界に特化した専門の転職エージェントがあります。
 

総合転職エージェントサービスよりも、専門分野に特化しているため、質の高い情報とよりきめ細やかなサービスと良質な求人を紹介してもらえますので、以下の職種・業界の方におすすめです。

おすすめの企業口コミサイト

おすすめの企業口コミサイト

おすすめの企業口コミサイト

転職サイトや転職エージェントの情報の他に、企業口コミサイトでその会社で働いているリアルな声を知ることができます。

 

年収の他、社風や人間関係、忙しさなど求人情報だけでは得られない口コミを幅広く見るようにします。

 

転職会議

転職会議

転職会議

300万件以上の口コミの他、転職サイトとして求人情報も見ることができます。

 
退職した後に口コミを投稿しているものが多いのでネガティブな口コミもたくさんありますが、有益な情報も得ることができます。

 
見るときのポイントは主観的なコメントではなく、客観的事実に基づいたコメントを見ると信頼性が高いです。

 

主観的「毎日忙しくて夜遅くに帰宅するのでマジでつらい。。」

 

客観的事実「いつもは定時で帰宅できるが、納期の2カ月前から仕事が追い込みになるので、納期前の月の残業は平均57時間だった」

 
良い口コミとネガティブな口コミの両方を客観的に見るようにしています。

 
転職の際に気になった求人が見つかったらその企業について 転職会議 impression-tracker で口コミを確認しておくことをおすすめします。
 

impression-tracker
 

OpenWork

openwork

openwork

約840万件以上の社員の口コミを見ることができます。
 

あまりにもネガティブな口コミは削除されるようなので、強烈なネガティブなコメントはあまりないですが、コピペ防止などきちんと個々のリアルな口コミを登録できるような仕組みになっています。
 

私が過去に在籍してきた会社の口コミを見てみると、ほぼあっているので信憑性も高いと思います。
 

年収情報の他、ワークライフバランスや働きやすさ、風通しの良さ、入社後のギャップなど、リアルな声を見ることができます。
 

「転職会議」は広く浅く口コミを見ることができ、「OpenWork」は狭く深い口コミが載っている印象です。

 

openwork impression-tracker の口コミ情報は転職エージェントから得た情報と比較しながら信憑性が高いか判断していくと良いです。

 

impression-tracker

 

キャリコネ

キャリコネ

キャリコネ

キャリコネも企業の口コミサイトですが、特に給与や年収の情報に強いです。

 

各個人の給料を給与明細の形で掲載しているので、基本給・残業手当・住宅手当などのリアルな情報を知ることができます。

 
私が見るポイントとして、単に月給が高いか低いかよりも、その内訳を見るようにしています。

 

例えば同じ月給が40万円だったとしても、基本給が低いのに残業代が多い結果40万円というところは激務が予想されます。

 

逆に残業代が少ないのに基本給が高くて住宅手当や家族手当などが充実していて総額40万円というところはワークライフバランスが良い会社と判断しています。
 

給与情報が気になる方は キャリコネ impression-tracker を見ておくことをおすすめします。

 

impression-tracker

 

まとめ:おすすめの転職サイトと転職エージェント

まとめ:おすすめの転職サイトと転職エージェント

まとめ:おすすめの転職サイトと転職エージェント

 

転職を成功させ幸せを掴んでください

 

転職とは情報戦です。

「情報を制する者が転職を制する」

です。

そのため転職エージェントや企業の口コミサイトを活用してたくさんの情報を集めて、求人企業毎に対策することで転職を成功させることができます。
 

転職エージェントは求人数、得意・不得意の領域もあり、持っている非公開求人の数も違います。

 

担当者のアタリ・ハズレもあるため、転職エージェントは複数登録することをおすすめします。

 

いくつか登録して使ってみて、良さそうだなと思った転職エージェントを2~3つ利用していくとよいです。
 
もし担当者とちょっと合わないなと思ったら担当者を変えてください。

 

担当者も得意・不得意分野がありますし、人ですから相性というものがあるので遠慮なく変えてください。

 
あなたの職種・業界・地域などがその転職エージェントにあわないなと思ったら他の転職エージェントに変えてください。
 

私は自分で考えて行動し、大幅な年収アップ会社に依存しないスキルと経験を手に入れました。

 

転職でパイロットになる夢も実現しました。

 

転職で人生を変えることができます。

 
想像してみてください「あなたの今の悩みや不安から解き放たれ、幸せな人生を送っている姿を」。

 
行動するかしないかはあなた次第です。
 

本当におすすめの転職エージェント

マイナビエージェント impression-tracker20代から30代の若い世代の求人に最も強いです。人事部とのパイプが強力で、はじめての転職でも職務経歴書の添削や模擬面接など手厚いサポートが魅力です。

 

JACリクルートメント impression-tracker :20代後半~50代で管理職や専門性の高い方なら年収600万~2000万円以上へ大幅な年収アップを狙えます。案件毎に複数名の担当者がつき、情報の質・提案力・サポート力もトップクラスです。

 

すべての人におすすめの転職エージェント

パソナキャリアblank impression-tracker :求人の数は業界3位で多く求人の質も高いです。親身になって丁寧にサポートしてくれるので、初めて転職する方や、女性の方に特におすすめです。

 

リクルートエージェントblank impression-tracker :国内最大手で国内トップの求人数を誇り、全年齢・全国・全業種、幅広く対応しています。メインとしてもサブとしての利用でもすべての方におすすめです。

 

blankdoda impression-tracker :国内第2位の求人数を保有しています。担当者のアタリ・ハズレが少なく情報の質・提案力・サポート力ともにバランスがとれています。

おすすめの転職サイト

ビズリーチblank impression-tracker :自分で求人検索できるほか、企業やヘッドハンターからの直接スカウトがあります。年収600万円以上の転職を狙いたい方に特におすすめです。

 

リクナビNEXTblank impression-tracker :自分で求人検索を行い、直接応募で企業に応募する転職サイトです。気に入った求人を転職エージェントに伝えて詳細な情報を得るという使い方がとてもおすすめです。

 

  • この記事を書いた人
blank

sky

氷河期世代。新卒職無し。
人生どん底スタート。

ゲーム会社や電機メーカー、外資系コンサルなど転職を6回経験。

年収280万円から1400万円へ。
どん底からはい上がった雑草魂リーマン。

top

-おすすめ転職サイト・エージェント

impression-tracker

© 2020 転職ライフ