おすすめ副業

プログラミング副業【挫折しない】プログラミング未経験から在宅ワーク副業で稼ぐ2つの方法

2020年5月1日

プログラミング副業リモートワーク(在宅ワーク)

プログラミング未経験からの副業リモートワーク(在宅ワーク)

blank
不況で収入が減って生活が苦しい。。

本業一本の収入だけではこの先不安。。

在宅ワーク・リモートワークで稼ぎたい!

子育てをしながら在宅で自由な時間に副業がしたい!

プログラミングは稼げると聞くけど未経験からでも副業できるの?

blank
sky

不況などで本業の収入が急に減ったりすると本業一本で生活していくには不安ですよね。

在宅ワークで場所や時間にとらわれずに働ける仕事があったらとても助かりますよね。

blank
sky
そんなあなたのお悩みを解決していきます。

プログラミング副業なら場所や時間にとらわれず週1~週3以上でリモートワーク勤務といったような自由な働き方も可能です。

 

想定するターゲット読者

  • 収入減を補いたい・もっと稼ぎたいサラリーマンや個人事業主
  • リモートワークで場所や時間にとらわれず自由な環境で仕事がしたい方
  • プログラミングは稼げると聞くけど、プログラミング未経験からの学習方法や案件の取り方が知りたい方

 

本記事を読んで分かること

  • プログラミング未経験者が副業で在宅ワークで稼ぐ2つの方法
  • プログラミング副業の案件の取り方
  • 副業でプログラミングで稼げるレベルになるまでのプログラミング学習で挫折しない方法

 

 

【結論】プログラミング未経験者が副業でリモートワーク(在宅ワーク)で稼ぐ2つの方法

プログラミング未経験者が副業で在宅ワークで稼ぐ2つの方法

プログラミング未経験者が副業でリモートワーク(在宅ワーク)で稼ぐ2つの方法

リモートワーク(在宅ワーク)でできるお仕事としてはWEB系のお仕事となります。

その中でも、プログラミング未経験からWEB系のリモートワーク案件で稼ぐ実現可能な方法は以下の2つとなります。

 

1.WEB制作のスキルを身につけて企業のトップページなどのLP(Landing Page)制作の案件で稼ぐ
(クラウドソーシングで1案件3万円~10万円程の案件を狙えます)

2.Wordpressのサイト構築スキルを身につけてWEBサイト構築案件で稼ぐ
(クラウドソーシングで1案件10万円~50万円以上の案件も可能)

 

上記WEB制作のLP案件はカフェや美容室、レストランなどおしゃれなデザインの企業の顔となる1枚のトップページの制作や、商品の説明や販売等の縦に長い1ページものの販売ページの制作などです。

例としてmuuuuu.orgというLPページをまとめたサイトをご紹介しますのでご参考ください。

次にWordPressとは個人ブログや企業のサイトを作るための無料のソフトで、WEBサイトを作るサーバーにインストールすることで、ある程度決まったパターンの形であれば比較的簡単にWEBサイトを構築することができます。

因みにこの私のブログもWordpressで作られております。

WordPressは日本においては80%以上のシェアを誇っており、これからは中小企業向けや個人事業主の店舗のサイトなど、今後ますますWordPressによるWEBサイト構築案件は増えていくものと思われます。

 

blank

プログラミングといったらWEBのシステムを作ったり、スマホやパソコンのアプリを作るイメージだけど、そうではないの?

blank
sky

なぜWEBのシステムを作ったりするものではなく、WEB制作やWordpress案件なのか理由について次の章で説明していきますね。

 

なぜプログラミング未経験からの副業はその2つが良いのか?

この章ではなぜプログラミング未経験からの副業はWEB制作やWordpress案件がよいのか、その理由を説明していきます。

まずその理由を説明するためにWEBにおけるプログラミングや機能の全体像を見ていくと理解がより深まりますので見ていきましょう。

プログラミングにおけるフロントエンド・サーバーサイド(バックエンド)・インフラエンジニアとは?

 

いきなり、わけのわからないカタカナ文字がでてきて「うぇっ」ってなっていると思いますが大丈夫です。ひとつづつ解説していきます。

フロントエンド・サーバーサイド・インフラ全体図

フロントエンド・サーバーサイド・インフラ全体図

上記のWEBの全体像の図のように、WEBシステムにはユーザーがパソコンやスマホのブラウザ(chromeやsafariなど)で見る画面の表示上の部分フロントエンドといいます。

 

そのフロントエンドのプログラミングを行うのをフロントエンドエンジニアといいます。

 

ボタンをクリックするとポップアップがでたり、文字や画像に動きをつけたり、サイト内のGoogleマップ上にお店の場所のポイントを表示するといったことができます。

 

フロントエンドはあくまでブラウザ上のみで動く表示上の見栄えや動きを表現するものです。

 

次にブラウザが見ている先にサーバーというものがあり、ユーザーがブラウザで入力したりクリックすることで、その入力情報がサーバーに飛んでいき、サーバー側で処理が行われる部分をサーバーサイド(バックエンドともいう)といいます。

 

そのサーバーサイドの処理をプログラミングする担当の人をサーバーサイドエンジニアといいます。

 

ショッピングカートに商品を追加したり、レビューコメントを登録したり、チケットの予約をしたり、乗換案内を調べたりなど、ユーザーの入力に対して画面遷移を変えたり、入力データを保存したり呼び出したり検索したりすることができます。

 

また、サーバーの環境(OSやデータベースなど)の構築やインターネット回線といった環境インフラの整備を担当するところをインフラエンジニアといいます。

 

レストランで例えると、インフラがキッチンや調理器具といった環境、サーバーサイドエンジニアは裏方でシェフが料理すること、フロントエンドエンジニアが料理を盛り付けて見栄えを整えお客様に料理を提供すること

 

美容室で例えると、インフラが美容室内の椅子・シャンプー台・鏡などの環境、サーバーサイドが美容師さんがお客様の要望にそってカットすること、フロントエンドがブローで髪を乾かしてセットとスタイリングで見栄えを美しく仕上げること

 

*あくまで分かりやすく例えているだけなので、レストランや美容室の実際の業務や用語と異なっている部分がありましたらご容赦ください。

 

フロントエンドエンジニア・サーバーサイドエンジニア・インフラエンジニアは、経験を積んでフリーランスとして独立すれば月50万円~月100万円以上稼ぐことも可能です

 

blank

そんなに稼げるんだったらエンジニアとして副業で稼ぎたい!

未経験からでもエンジニアとして副業できるの?

 

未経験からエンジニアとしてプログラミングの副業で稼げるのか?

プログラミング未経験からの副業

プログラミング未経験からの副業

結論からいいますと、未経験から副業で「フロントまたはサーバーサイドエンジニアとして」プログラミングで稼ぐことは相当困難です

 

なぜなら副業で案件をとるには実務経験が必要だからです。

 

例えば料理学校を出てすぐに、レストランのシェフとして料理をするようなものです。はじめは食器洗いから始めて修行するでしょう。

 

しかし、フロントエンドエンジニアの中でも複雑な処理のプログラミングではなく、スキルを身に着ければブラウザ上で簡単な文字や画像の動きのある綺麗なデザインのWEBサイトを制作することは未経験からでも可能です

 

美容室での例えでは、初心者がいきなりカットを担当することはできなくても、スキルを身に着けていればシャンプーしたり髪を乾かしたりセットやスタイリングすることは可能でしょう。

 

フロントエンドエンジニアとWEB制作を行うWEBデザイナーとの違いは

フロントエンドエンジニアはブラウザでボタンをクリックしたときの動作やメニューの動きなど、画面上のユーザーインターフェースについてのプログラミングを行います。

WEBデザイナーは、フロントエンドの中でも画像やレイアウトや配置などのデザインを行い1枚のWEBページとして仕上げます。

写真や画像加工などある程度のデザインセンスも求められます。

 

  • WEB制作=「フロントエンドの内、画像の配置やレイアウト・表示上のデザインについての基本的なスキル」+「ある程度のデザインセンス」

 

というイメージです。

 

次にWordpressを料理の例えでいうと、料理を作るにあたって一流のシェフが秘伝のタレを1からこだわりのものを作ったり、生地から手作りでつくったりといった凝った料理は作れなくても、既製品のソースや、カットされた食材やお惣菜など、ある程度決まった品目を組み合わせて調理し、ある程度の見栄えで盛り付けることは、未経験からでもスキルを身に着ければ可能でしょう。

 

WordPressではプラグインといって、ある程度決まった機能であれば、例えば「クチコミ登録機能」や」「お問い合わせフォーム機能」などプラグインを組み合わせて機能を追加したり、プラグイン自体をある程度簡単なプログラミングで作ることができます。

 

また、テーマといってサイト全体のイメージを変えたり、見栄えをカスタマイズしたりすることで、アイコンの位置やボタンやリンクの位置、文字の色や大きさ、背景などある程度自由に変更することができます。

 

  • WordPress案件 = 「基本的なインフラスキル」+「基本的なサーバーサイドスキル」+「基本的なフロントエンドスキル」

 

といったイメージです。

ざっくりいうと、Wordpressというソフトを使って、全体を手広くこなすという感じです。

 

WEB制作より、Wordpress案件の方が守備範囲が広いので、案件の単価も高いです。

blank

全体像はなんとなくわかりました。

ところで、そのプログラミングスキルって簡単に身につくのでしょうか?

 

実は、プログラミングの学習をしている人の約90%が挫折していると言われています。

 

フロントエンドエンジニアやサーバーサイドエンジニアになるのはむつかしくても、WEB制作やWordpressは比較的やさしいのでプログラミングの初心者からの副業に最適といえます。

 

  • WEB制作
  • WordPressによるWEBサイト構築

この2つは難易度が低くて初心者向けの副業として最適

 

では、WEB制作やWordpress案件の副業をするにはどういったスキルが必要なのか、実際に出ている案件から逆算して必要なスキルを見ていきましょう。

 

プログラミング副業の案件の取り方

クラウドソーシングサイトにおける実際の副業の案件事例

WEB制作やWordpressの案件はCrowdWorksやランサーズといったクラウドソーシングサイトにたくさん掲載されています。

 

それでは、実際にクラウドソーシングに掲載されている案件の事例を見ていきましょう。

LPのweb制作案件

LPのweb制作案件

 

こちらは、WEB制作のLP制作案件です。

 

金額として 「 2万円 ~ 10万円 」くらいの案件がありますね。

 

詳細をみていきましょう。

副業のLP制作案件

副業のLP制作案件

上記のレスポンシブWEBデザインとは、スマホやタブレットやPCといった画面サイズが異なるブラウザからアクセスしても、その画面サイズに最適になるよう調整して表示する仕組みをいいます。

Web制作にスキルとしては

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • Photoshop(画像加工・修正など)
  • illustrator(ロゴ作成・イラストなどのデザイン)

 

となります。

これらのスキルを身につければWEB制作の案件がとれます。

解説

HTMLとはマークアップ言語といって、リンクを張ったり画像を差し込んだり表や線などを表示でき、CSSは文字のフォントや線やボックスなどの大きさや色の指定といった、表示上の見栄えを整えるもので、厳密にいうとプログラミング言語とはいいません

プログラミングとは、ユーザーがクリックしたり、テキストボックスに文字を入力といったアクションを起こしたときに、そのユーザーのアクションに対して動きをつけたり、条件判定をしたりする処理を書くことです。

JavaScriptはブラウザ上で動くプログラミング言語になります。

 

次にWordpressによるWEBサイト構築案件を見ていきましょう。

WordpressによるWEBサイト構築案件

WordPressによるWEBサイト構築案件

金額としては「 20万円 ~ 100万円 」くらいの案件があります。

必要なスキルとしては

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript(jQuery)
  • PHP(サーバーサイドで動くプログラミング言語)
  • WordPressとプラグインの知識
  • Webサーバーの知識
  • バージョン管理システム(Git)

などのスキルがあればWordpressによるWEBサイト構築の案件がとれます。

 

またWordpressは定期的にバージョンアップがあったり、依頼主が毎月コラムなどの記事をアップしてほしいといった、Wordpressの運用メンテや記事更新の継続案件として長期契約につなげていくことも可能です。

 

スキルを身に着けた後、初めて案件をとるときは、実績が全くないため、案件が取りづらいと思うかもしれません。

 

ひたすら、いろいろな案件に「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」戦法でいくのもいいのですが、打率があまりよろしくありません。

 

高打率で案件を取る方法は、募集している案件をみたら、募集期間中にその依頼主の希望しているWEBサイトを先回りして構築して、

 

「このように、すでにご要望に近い形で動いているサイトがありますので、すぐに対応可能です!」

と応募すれば、ほぼ9割以上の打率で案件がとれます。

 

実際に私はこの方法で案件をとった経験があります。

 

たまに空振りして案件がとれないこともありますが、自分のポートフォリオ(構築事例)として次に売り込めますので無駄にはなりません。

 

1つ目の案件をとれさえすれば、実績ができますので、その後は実績と信頼で案件が取りやすくなります。

 

案件を取得する方法と必要なスキルが分かりました。

 

では次にプログラミング副業に必要なスキルをどのように学習していけばよいか見ていきましょう。

 

副業できるレベルに到達するまでのプログラミング学習で挫折しない方法

 

プログラミングは独学で勉強することも可能です。

 

今はprogateという、基本的なレッスンを無料で学習できるアプリがあります

 

 

progateによるプログラミング学習

progateによるプログラミング学習

出典:progate https://prog-8.com/

かわいいキャラクターや見やすい画面で学習を進めていくことができます。

progateは基礎を学ぶにはよいですがprogateをやっただけでは、仕事をとれるレベルのスキルには達しません。

 

先ほども述べましたが、プログラミングの学習を開始した人のうち、約9割の人が挫折するといわれております。

その理由は2つあります。

  • プログラミング学習のモチベーションが続かない。
  • プログラミングの学習を進めていく中で、分からないところがでてきたときに、質問してすぐに聞ける人がそばに居ない。

 

プログラミングを学習していくと、よくわからない概念や理解がしにくい場面に出会うケースが多々あります。

 

よくわからないまま先に進むとさらに分からなくなることがあります。

 

またプログラミング学習中にエラーが発生することは日常茶飯事です。

 

一人で独学しているとエラーの対処に丸一日かかってしまうこともあります。

 

私がプログラミング初心者で勉強していた頃、朝に出たエラーが丸一日たっても解決できず、途方に暮れていたところ・・・

先輩から一言

 

「もしかして全角スペース入ってない?」

 

この一言で、半角スペースにしなくてはいけないところを全角スペースにしていてエラーが発生していた、というオチがありました。

 

このように、そばに現役のエンジニアや経験者が近くにいて、すぐに質問できて、一緒に勉強する環境にあれば続けられますが、「理解ができない」「よくわからないエラーに遭遇して全然学習が進まない」

というのを一人で独学で勉強していると、

「私ってプログラミングに向いてないんじゃない?」

「もうわからーん!」

「やーめた!」

となってしまいます。

 

逆に、プログラミングの学習に90%の人が挫折するということは、残り10%の成功者の中に入れば競争優位に立てるということです。

 

それでは、どのようにしたら挫折しないで確実に10%の成功者の中に入れるのでしょうか?見ていきましょう。

 

SNSでモチベーションを保つ

twitterには、未経験からプログラミング学習を始めた同志がたくさんいます。

 

#駆け出しエンジニアと繋がりたい

 

というハッシュタグで検索すれば、同じように未経験からプログラミングを学んでいる人たちとつながることができます。

 

そこで、「今日からHTML/CSS/Javascriptの学習をはじめました!」と宣言してしまうことです。

 

日々の学習記録やトピックなどをツイートすることで、みんな一緒に頑張っているという一体感がもてます。

 

また、初心者のみんながよくつまづくエラーや理解がむつかしい場面に遭遇しても、みんな同じような状況を経験しているので、的確なアドバイスをいただけたりします。

 

twitterでみんなと一緒にがんばることで、プログラミング学習のモチベーションを維持することができます

 

しかし、最初につながった駆け出しエンジニアの仲間がいつの間にかツイートが無くなっていったり、アカウントが消えていったすることを目の当たりにします。

 

それは最初は基本的な簡単な内容だったものが学習が後半になるにつれて難易度が上がり、ツイートでその課題やエラーの内容をツイートしても初心者の仲間同士ではすぐに解決できないケースがでてきます。

 

経験者がプログラムの内容を見れば一瞬で解決できるかもしれませんが、文字数の限られたツイートでは限界がでてきてしまいます。

 

そして学習が進まない期間が長く続くといつの間にかモチベーションが薄れていくことがあるかもしれません。

 

プログラミング独学のメリットとデメリットをみていきましょう。

【メリット】

  • 安く始められること。

 

【デメリット】

  • 学習に多大な時間がかかること。
  • 分からないことやエラーが発生したときにすぐに質問したり聞ける人がそばにいないこと。
  • 一人立ちして、課題やエラーに直面したときに正しい解決方法を知り、自分で効率的に解決していける自走力を身に着けることが大切ですが、その自走力を身に着ける術を独学で学ぶことは難しいこと。
  • プログラミング言語自体の知識は得られても実際の仕事の現場で使える「自分で手を動かしてモノをつくれる状態」のスキルになっていないことがあること。

 

などがあげられます。

その独学のデメリットを解決するのがプログラミングスクールです。

 

プログラミングスクールでの学習は上記のメリットとデメリットが逆転することになります。

プログラミングスクールのメリット・デメリット

【デメリット】

  • 費用がかかる

【メリット】

  • 短時間で学習できる。
  • すぐに質問したり聞ける講師やメンターがいる。
  • 一人立ちしても課題やエラーに対して正しい解決方法で解決できる自走力が身につく。
  • 実際の仕事の現場でつかえる「自分の手を動かしてモノをつくれる状態」のスキルがみにつく。

 

それでは、実際に仕事でつかえるスキルが身につくプログラミングスクールをみていきましょう。

 

プログラミングスクールで学習する

WEB制作・Wordpressを用いたサイト構築、それぞれに最適なプログラミングスクールをご紹介します。

 

副業でWEB制作できるようになるオススメのプログラミングスクール3選

副業でWEB制作できるようになるオススメのプログラミングスクール3選

副業でWEB制作できるようになるオススメのプログラミングスクール3選

まずWEB制作に必要なスキルは

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript(jQuery)
  • Photoshop(画像加工・修正など)
  • illustrator(ロゴ作成・イラストなどのデザイン)

でしたね。

 

これらのスキルを使って、実際に自分の手を動かしてLPのWEBページを作れるようになるオススメのプログラミングスクールは以下の3つです。

  • CodeCamp デザインマスターコース
  • TechAcademy Webデザインコース
  • TECH CAMP デザイナー転職コース

 

それぞれの特徴をみていきましょう。
3つのスクールの比較をしてみます。


スクールCodeCampTechAcademyTECHCAMP
料金148000円149000円648000円
期間60日(約8週間)4週間10週間
レッスン回数(合計時間)20回(13時間) 課題の添削無制限7回(3.5時間) 1日8時間チャット質問OKレッスン無し
質問OK時間600時間超
無料体験初回の1回無料1週間14日間 全額返金保証
時間帯7時~23時40分15~23時11~22時
受講場所オンラインオンラインオンライン 教室
講義スタイルマンツーマンマンツーマン自習 質問無制限OK

 

上記のスクールのどれも仕事で使える実践的な知識と、WEBページを作る経験を通して、自分でモノが作れる状態のスキルが身につきます。

マンツーマンの講義スタイルや、自習メインで質問があるときに無制限で質問できる自習スタイルなど、あなたにあったスタイルでスクールを選ぶことができます。

私のおすすめはCodeCampです。料金が安く、期間・回数・マンツーマンレッスンとバランスがとれてるのでおすすめです。

レッスン課題で、下記のようなWEBページを作れるレベルになりますので、とても実践的です。

 

CodeCampのレッスン課題LPページ

出典:CodeCampのレッスン課題LPページ

 

レッスンを完了したら受講生の皆さんは上記のようなWEBページが作れるようになります。

14万円代の受講料なら、クラウドソーシングで1ページ5万円程の案件を、3ページ制作すれば、すぐに元がとれてしまいます

リモートワークで場所や時間にとらわれない自由なスタイルで仕事をすることができます。

そんな自由なスタイルで仕事ができるスキルが身についたら、あなたはどんなことがしたいですか?

 

 

CodeCampとTechAcademyは無料体験があるので、先に無料体験レッスンを見てみるのもいいでしょう。

 

次に、Wordpressが学べるプログラミングスクールをみていきましょう。

副業でWordpressによるWEBサイト構築ができるようになるオススメのプログラミングスクール厳選2選

副業でWordpressによるWEBサイト構築ができるようになるオススメのプログラミングスクール厳選2選

副業でWordpressによるWEBサイト構築ができるようになるオススメのプログラミングスクール厳選2選

必要なスキルとしては

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript(jQuery)
  • PHP(サーバーサイドで動くプログラミング言語)
  • WordPressとプラグインの知識
  • Webサーバーの知識
  • バージョン管理システム(Git)

でしたね。

WEB制作に必要なスキルプラス、Wordpress本体の知識が必要になります。

WordPressはPHPというサーバーサイドで動作するプログラミング言語で作られています。

実は、単にWordpressをインストールして、見栄えをカスタマイズしてWEBサイトを公開するというのは、個人ブロガーでもできるスキルになってきています。

 

ですので今後クラウドソーシングで案件をとるには、「追加機能であるプラグインの開発や、サイト全体のデザインを作るオリジナルのテーマの開発」をPHPの簡単なレベルでプログラミングできるスキルが必要になってくると考えます。

 

例えば、個人店舗のサイトにショッピングカート登録から支払決済までの通販の機能をつけたり、レストランや食堂のサイトにUber Eatsなどの宅配サービスに連携するような機能をつけたり、そういった機能拡張ができれば、1案件50万円~100万円かそれ以上の金額で案件がとれるようになり、差別化を図ることができます。

 

また、「プログラミング言語をスクールで学んだだけでは、仕事ではつかえない」と言われます。

それは例えると「料理の作り方を学んだだけではレストランで料理はつくれない」なぜなら接客、コスト、調理器具の使い方や旬の食材の知識など、料理にまつわる「周辺知識」が必要だからです。

 

プログラミングの仕事の周辺知識は、一般的には現場での実務経験をとおして学んでいきます。

 

具体的には、LinuxというOSのコマンド、WEBサーバーなどの環境構築、Gitというプログラミングしたソースコードのバージョン管理の仕組みなどを実務経験で学んでいきます。
(チームでプログラミング開発を行うにはGitなどのバージョン管理システムを使用するのが一般的です。)

 

だから「エンジニアとして」プログラミングを副業にするには実務経験が必要といわれる理由です。

実は、なんと環境構築やGitなどの実務に使える周辺知識を学べるコースが2つあります!

 

  • RaiseTech WordPress副業コース
  • TechAcademy WordPressコース + GitHub

 

WordPressで副業するならこの2択です。(他のスクールのWordpressコースはPHPや周辺知識がそもそも学べません)

それではこの2つのコースを比較していきましょう。



スクール RaiseTechTechAcademy
コース名WordPress副業コースWordpressコース+
GitHub
料金261800円199000円
期間 約4カ月約2カ月+Git2週間
レッスン回数(合計時間)16回(32時間) 期間中、質問無制限15回(7.5時間) 1日8時間チャット質問OK
無料体験2週間無料1週間無料
時間帯10時~24時15~23時
受講場所オンラインオンライン
講義スタイルマンツーマンマンツーマン

私のおすすめはRaiseTechです。1レッスン2時間みっちり講義してくれます(TechAcademyは30分)。

受講期間と質問の対応時間帯がたっぷりとられています。

なによりRaiseTechはWordPressの副業に特化していることと、講師が現役のエンジニアで、実際に現場のプロジェクトに参画しながら、仕事の合間にきっちり講義の時間をとって教えてくれます。

これは現場の実務経験をとおして周辺知識を得る過程にとても近い環境で学習できるということです。

受講者それぞれにチャットなどマンツーマンで行い、時には学習についてこれないような場合でも個別に補講してまでも挫折しないようにサポートする体制がすごいです。

 

プログラミングは丸暗記してもあまり意味がありません

マニュアルを見ながら作ればよいのです。

暗記より理解することが大切です。

 

一番大切なのは実際にプログラミングで自分で手を動かして「自分の手で動くものをつくる」経験です。

 

エラーや分からないことやトラブルが起きるのはあたりまえで、それを自分で効率よく調べて正しく対処できる解決力・自走力を身につけることが大切です。

 

その正しく対処できる解決力・自走力を身につける術をスクールで学ぶことができます。

 

もし将来的にエンジニアへの転職を考えている場合でも、WordpressはWeb全体の基本的なスキルが身に付きますから、副業からはじめて、リスクを小さく、スムーズに本格的なプログラミング学習にステップアップしていけるというメリットがあります。

 

受講は1回ですが、スキルは一生モノです。

 

WordPressの副業で1案件20~30万円くらいのものがとれれば、受講料はすぐに回収できてしまいます。

月に2~3件こなせば50万円~100万円くらい稼ぐことも可能です。

リモートワークで場所と時間にとらわれず、世界を旅しながら自由な環境で生活していくことも可能でしょう。

 

もし不景気などで本業の収入が減ってしまっても、自分のスキルで稼げる収入源があることはとても安心ですよね。

 

あなたも会社に依存しない、場所や時間にとらわれない自分の手で稼げるスキルを身につけてみませんか?

 

 

RaiseTech、TechAcademyそれぞれ無料体験があるので、試しに無料レッスンを受けてみて、あなたに合ったプログラミングスクールを選択するとよいでしょう。

RaiseTechはレッスンを開始すると自動的に2週間無料体験となります。

TechAcademyはプログラミングのスキルに共通な基礎的なレッスンを1週間無料で体験レッスンを受けることができます。
TechAcademyの無料体験レッスンをチェックblank blank

 

まとめ

プログラミング未経験から副業でリモートワーク(在宅ワーク)で稼げるのは

WEB制作とWordpress案件です。

 

WEB制作とWordpressのスキルはプログラミングの中でも比較的やさしいので初心者の副業に最適です。

 

クラウドソーシングで案件をとれば、

WEB制作で1件3万円~10万円

WordPress案件で1件10~30万円

くらいの仕事が取れます。

 

プログラミング学習者の90%が挫折しているといわれていますが、SNSとプログラミングスクールを活用することで挫折することなく10%の成功者の中に入ることができます。

Web制作とWordpressにおすすめのプログラミングスクールは以下のとおりです。

 

WEB制作(WEBデザイナー向け)

 

WordPress向け

 

長い文章を最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます。

 

  • この記事を書いた人
blank

sky

氷河期世代。新卒職無し。
人生どん底スタート。

ゲーム会社や電機メーカー、外資系コンサルなど転職を6回経験。

年収280万円から1400万円へ。
どん底からはい上がった雑草魂リーマン。

-おすすめ副業

blank

© 2020 転職ライフ